AGMSはロングテールを狙ったランディングページ自動生成エンジンです。

ロングテールを狙ったSEO対策ツール
 AAGMSエンジンは1サイトに30?50キーワードのランディングページを自動生成するツールです。30?50キーワードをターゲットにしたランディングページを作ることにより、複数のキーワードで検索エンジンから誘導されるようになります。
 また、AGMSエンジンはキーワードで検索した記事(記事タイトル)を集めますので、サイト内に多くの検索対象ワードが表示されます。サイト内に多くのワードが組み込まれることにより、複数のキーワードで検索エンジンから誘導されるようになります。
上記のことから、AGMSを使った多くのサイトでロングテールでの検索誘導が実現しています。ロングテールを狙ったSEO対策ツールをお探しでしたら、是非AGMSの導入をご検討下さい。
ロングテール | 2017年 11月 | 第3週 の記事
Criteo、月間12億のデータ基盤にしたエコシステム発表〜動画広告の自動生成サービスもリリース
MarkeZine
[カテゴリー]自動生成/ロングテール [投稿日時]2017-11-17 13:00:00